«  陰陽五行で京都を巡ろう | トップページ | Amazonランキング1位&増刷 »

寝てもとれない疲れをとる本

51bt3kobxl_sx339_bo1204203200_「鍼灸院って、どんな時に行けばいいの?」と、よく訊ねられることがあります。 

看板の多くは「治療院」と書いてありますが、「何を治療してくれる場所なのか?」はよく解らない・・・。 「内科」ならば内臓の病気、「眼科」ならば眼の病気の時に行く場所だって、解かりますものね。

そもそも東洋医学は「未病治」を得意としており、「病気にならないための一次予防」「病気が悪化しないための二次予防」に優れています。 だから、鍼灸院とは「身体を良い具合に整える場所」であり、その結果として病気が治っていくものなのです。

「鍼灸Meridian烏丸」に「治療院」と書いていないのは、治療が目的ではなく「心身に様々な変化を起こすことができる鍼灸を提供する」ことを目的としているから。 そういうことをご理解くださっている方々が、ご自身の身体を整えるために通院してくださっています。

京都・四条烏丸の本院と、ロート製薬「Smart Camp東京(浜松町)」「Smart Campうめきた(梅田)」には、忙しいビジネスマンや有給休暇などがない専門職の方々が来院なさいます。 そういう方々は、「常に高いパフォーマンスを維持するために今日の疲れを明日に残さない」というルールをもっていらっしゃるようです。

なかでも、「ちゃんと休んでいるのに、なかなか疲労感が抜けない」という訴えの多いこと!

メディアの健康情報の多くは、最大公約数的なもの。 東洋医学は「各々の体質」にフォーカスしますから、身体を整える方法は人によって変えていきます。 

そんな鍼灸師の視点から、疲労回復のアドバイス「寝てもとれない疲れをとる本(文響社)」を上梓させていただきました。 日本経済を支えるビジネスマンが、もっと元気でハツラツとお仕事に従事できるように、お近くの鍼灸院を活用して頂きたいのです(^^) 

【Amazon】https://www.amazon.co.jp/%E5%AF%9D%E3%81%A6%E3%82%82%E3%81%A8%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E7%96%B2%E3%82%8C%E3%82%92%E3%81%A8%E3%82%8B%E6%9C%AC-%E4%B8%AD%E6%A0%B9-%E4%B8%80/dp/4866510188






«  陰陽五行で京都を巡ろう | トップページ | Amazonランキング1位&増刷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/442011/71847218

この記事へのトラックバック一覧です: 寝てもとれない疲れをとる本:

«  陰陽五行で京都を巡ろう | トップページ | Amazonランキング1位&増刷 »