雑記

エレガンス=丁寧

20130321_174904 エレガンス・・・辞書には優美典雅と解説されていますが、一般的な感覚としては「金持ち」「贅沢品」を評する言葉として使われているようです。 じゃ、お金持ちな人が贅沢な品物で着飾っていればエレガントかといわれると、そうとも限らないところが難解なところです。

「エレガンスが薫る人や物に通底している共通点は、いったい何なのか?」

あれこれ考えてみたら、とどのつまりは「丁寧さ」にあると思い当たったのです。 シャツ一枚を買う時、「安けりゃイイ」「ちょうど売り場にいたから」という動機には「本当にこのシャツでいいのか?」という自問がないですよね?  「自分が欲しいと思うデザインで、生地や縫製もよく、お値段もお値打ち」という納得があったならば、そのシャツを選ぶに足る考察のあとが見られます。 こういうのって、丁寧な購買行為でしょ?

朝起きて服を選ぶのにだって気分やお天気、その日に会うであろう人のことを想ってコーディネートをするのは丁寧な時間の費やしかたです。 食べ物を選ぶのだって、自分の体調や旬を考えるのは丁寧な行いですよね。 一日を忙しく過ごした身体をメンテナンスすることは、もちろん自分に対しての丁寧な御自愛表現のひとつ(^^)

「Meridian」ではこの4月からは、来院者の皆様の御足もとに「祇園 履物司 ない藤」謹製の特注上履きが登場いたしました。 普段可愛がっていただいている女将さんと若主人にご無理を云い、なんと和紙製で!! オーダーしたのは新年のご挨拶に伺ったときですから、完成までに掛った時間はなんと3ヶ月。 院内での使用を考えていただき、たとえ汚れても簡単にお手入れができるようにも細工してくださっているところがホスピタリティ☆  

歌舞伎界の面々はもちろん、京都の一流料亭でも愛されている名店の一品ですから、それはもう丁寧な作り込みです。 「一流と呼ばれるこの履物に負けないくらい丁寧な施術をこころがけよう」という自分達への戒めも込めて・・・。

それにしても、なんともエレガンスの薫る履物だこと。

【鍼灸Meridian烏丸】

第2&第4金曜日は休鍼日です

    

Photo

毎月第2&第4金曜日は、みなさん御存知「ロート製薬」が運営している「Smart Camp東京」http://www.rohto.co.jp/smartcamp/へ出張 をしております。 
この会社は「ロート・Z」目薬や「パンシロン」胃腸薬だけでなく、「肌ラボ」「Obagi」などの基礎化粧にもチカラを注いでいる総合医薬品メーカーなのですが、なんと医薬品だけでなく様々なセラピーによるセルフ・メディケーションにも積極的なのです。

そんな興味深い会社にお声掛けいただき、東京は浜松町にて「Meridian」で提供している日本鍼灸&美容鍼灸を、リフレクソロジスト&エステティシャンシャン&フットケア&ピラティスの仲間達と一緒にプログラミングをしているのです。

関西圏にお住まいのクライアントの皆様にはご不便をおかけしておりますが、明日の「Meridian」は休鍼とさせていただきますので、ご了承くださいませ。
ロート製薬往診日:1/25(4th金曜日)
           :2/ 8(2th金曜日)
           :2/22(4th金曜日)
【鍼灸Meridian烏丸】

謹賀新年2013

Photo

皆様、あけましておめでとうございます。

2012年がどんな一年だったかは、もう過去のハナシ。

新しい2013年は、ボク達の心がけ次第でどのようにもデザインすることができます!

それは、身体とて同じこと。
これまで怠惰(欲望に素直?)な生活を送っていたことで、血糖値やコレステロール値が上がってきてているならば、健やかな未来を獲得するためにちょっと精進してみませんか?

精進は、ツライ修行ではありません。
快楽も辛抱もホドホドに、Feel Goodな毎日を送っていればOK♪

翌朝には、シャキッと心地よい目覚めが待っていることでしょう。


でも
身体の初期化の方法がわからないときには、鍼灸院へお立ち寄りください。
鍼灸院は治療してくれるだけではなく、養生の方法もお手伝いしてくれる場所なのです。

新しい1年を、心地よくスタートしましょう(^^)

【鍼灸Meridian烏丸 】

臨時休鍼のお知らせ~紅葉の京都~

Photo_2 紅葉シーズンも真っ盛りで、京都の街は夜も賑わっているようです!

「せっかくなので、紅葉狩りしながらMeridianで鍼を・・・」とおっしゃられる方には申し訳ございませんが、今週末はテナント・ビルの改修工事が佳境に入ります。 エントランスのタイルを張り替えるので、Meridianへは立ち入れなくなるのです。

申し訳ございませんが、今週末は休鍼とさせていただきます。
皆様、どうぞお元気でお過ごしくださいませ。

11月23日(金):ロート製薬出張のために休鍼
11月24日(土):改装工事のために休鍼

学問の秋~10月の臨時休鍼~

PhotoFacebookなるものが登場してからというもの、HomePageへの投稿がめっきり減ってしまいました。
たまに寄稿する内容が、なんだか告知ばかりのなってしまって申し訳ありません。

さて、気がつけばもう10月。
学生さん達にとっての年始は4月ですから、まだ半年が残っている感覚でしょう?
ボク達にとっての年始は、あくまでも1月1日(旧暦で生活している人もチラホラ?)です。
つまり今年も残すところ、あと2ヶ月というワケです。

これから紅葉シーズン・・・と言いたいところですが、近年の京都は11月の中旬を過ぎなければ綺麗に色づきません。
これから1ヶ月の間は修学旅行生がワンサカと上洛し、11月を迎えるとそろそろ晩秋を味わいながら、去り行く1年の始末を始めることになります。

てな具合に世間は行楽シーズンを迎えますが、ボク達は何かと学術で忙しくなるので結構な忙しさとなります。
予定表を見てみると、とにかく来年にかけて猛烈な忙しさが待っています・・・養生せねば(^^;)
10月は4・5日とお休みをいただくことになりますが、何卒ご了承くださいませ。

休鍼日・・・10月4日(木)
          5日(金
)  
Cocolog_oekaki_2012_10_01_16_57


7月の臨時休鍼~祇園祭2012~

Photo  東日本大震災の余震は随分と少なくなりましたが、九州地方の大雨による土砂災害や、福井の大飯原発再稼動にまつわる15万人規模のデモ、民主党分裂にゆれる国政など、この国は天災&人災でこの先も当分は荒れ模様の様子です。

さて、もともと湿気の多かった京が都となり、人口は爆発的に増加したもののそれに追いつかない上下水道整備、飲料水と下水が混合したことでおきた数々の伝染病が蔓延することとなりました。

が、当時の権威にあった陰陽師によるト占によって、長岡京遷都に際して無実の罪に問われ処刑された早良親王の怨霊の仕業であるということになり、京都の無病息災を願う八坂神社の祭礼として970年より毎年開催されているのが「祇園祭」なのです。

今年は連休と重なりますから、多くの人出が見込まれます。 通常でもお昼の3時頃から露天商の方々が烏丸通の路肩に屋台設営を始めますから、この界隈は大混雑します。 きっと今年は、凄いコトになるでしょう(^^)

そのようなワケで、7/13(金)はロート製薬出張のためにMeridianは休鍼となりますが、翌日の7/14(土)もご予約の受付をお昼12時で終えようと思います。 どうぞご確認くださいますよう、よろしくお願いもうしあげます。

今年の祇園祭が、この国に起きる様々な災いを雲散霧消にしてくれることを祈念し、四条烏丸へおでかけください。

7/13(金):休鍼(ロート製薬出張のため)
7/14(土):午前鍼(祇園祭による混雑のため)

ご無沙汰をしております~『それから』~

Photo 随分とblogがご無沙汰になっておりましたが、みなさまお変わりはございませんか? 「年末のお知らせ」をUPしてから、もう4ヶ月も経ってしまったのですね! このところFacebookへの書き込みが多くて、ついHPが疎かに・・・。

さて・・・ご無沙汰といえば、このところワイドショーを賑わせている元祖・ぷっつん女優こと「藤谷美和子」さんについて。 先だってお亡くなりになられた名監督「森田芳光」氏の代表作として『失楽園』を紹介しているメディアがありましたが、個人的には夏目漱石の名著『それから』を氏が映画化した作品がイチオシでございます。


そこで主演をつとめていらっしゃるのが、故・「松田優作」氏と件の「藤谷美和子」さん。


実業家である父の経済的な援助のもとで裕福な生活を送る代助(松田)が、恵まれた生活を捨て、三千代(藤谷)とともに生きる決意をするまでを描いている作品です。 代助のような生活を送る人間が恋愛のためだけに本当にこのような選択をし得るのか・・・信念に従って生きるために、安穏とした経済的な豊かさから脱却することも厭わない「本当の強さ=豊かさ」を、見事に描ききっている名作です。 ボクがこの作品に出会ったのは、たしか高校1年生の頃。 作品の主題はもちろん、森田監督の演出や、日本を誇る名優達の演技にシビレたものです。


ある夏の日に、三千代が代助のもとへ借金のお礼に訪れる。 息せき切った三千代が、白い百合が挿してある花瓶の水を「毒じゃないでしょう」と言って飲み干すワンシーンが、今でも強烈なイメージをもって脳裏に焼きついています。 「道理に従っていれば、世間の常識などに捉われることなく生きられる」という気付きが、代助だけでなくボクの頭上にも福音として舞い降りてきた瞬間でした。 そして、そのシーンは邦画の歴史に残るほどに儚く美しい・・・。


その名演を演じきった藤谷美和子さんが「小田原を徘徊」という見出しでゴシップ紙を賑わしていますが、天才というものは社会に適応しきれないこともあるものです。 芸能界に棲む人々は時として話題づくりのためにゴシップ紙を利用することもありますが、本当に人知れず闘病しているのであれば、少し報道を自制する優しさがあっても良いのではないでしょうか? しばらく銀幕から遠ざかっている彼女ですが、はやく復帰なさることを心待ちにしております。

年末年始の休鍼日~『今から未来へ』~

Photo 2011年は日本にとって、あるいはみなさんにとって、悲喜こもごもあった1年だったと思います。  明るい2012年を迎えるために、しっかりと気分転換して、エネルギーをチャージしておきましょう!

「鍼灸Meridian烏丸」も少し長めのお休みをいただき、スタッフ一同が新しい1年に向けて鋭気を充たしておきます。 皆様の未病治をしっかりと担わせていただき、元気な人生のお手伝いをさせていただきます!!

さて…今朝のミーティングで、スタッフと話したコト。 「現状の課題だけに捉われていると、未来の着地点は不明瞭なまま。 未来を望み、そこへ到るための道程の中で課題をクリアしよう!」ってね。 だって「今」は、「未来」に繋がっていますから。 

多くの医療従事者達は安易に「治療」という言葉で目標設定しますが、「健康は人生の目的ではなく、より充実した人生を送るための手段だ」ということが理解できていなければ、ただスタイルとしてのシュプレヒコールにしかならないということを知っておいて欲しいと個人的には考えています。

「治療ですから、我慢してください」という物言いが如何に独善的なのかということを自分達がを自覚して、できるだけ「今」の治療を心地よく受けていただき、「未来」を健やかに過ごしていただけるように、「鍼灸Meridian烏丸」の時間をデザインしたいと思っています。

2012年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

年内最終鍼療:2011年12月26日(月)
お正月休鍼日:2011年12月27日(火)~2012年1月4日(水)
新年鍼療開始:2012年1月5日(木)

                                                        鍼灸Meridian烏丸

夏期大学~『8月の臨時休鍼日』

Photo


8月に入り、蒸し暑いはずの京都を吹き抜ける風が、心なしか爽やかに感じるのはボクだけでしょうか? 気温ほど暑く感じないのですが、皆さんはいかがお感じでしょう。

毎年この時期は、ボクが所属している「経絡治療学会」が主催している「夏期大学」に出席しております。 全国から伝統的な手法で臨床をしている鍼灸師が集い、スキルアップのために2泊3日でお勉強をしているのです。

ここ数年は、お台場にある「有明医療大学」の校舎を拝借しております。 とてもキレイな校舎で、海外からいらっしゃる参加者もご満悦の様子。 周囲には飲み屋さんがないので、自然と皆さんの就寝もはやくなり、下戸のボクにとっては好都合なのです。

さて・・・そんなワケで、今月もお休みを頂戴いたします。 御来院を予定していらっしゃった方々には大変申し訳ございませんが、下記のとおりよろしくお願い申し上げます。

臨時休鍼日:8月6日(土)~8月9日(火)

        8月17日(水)

その他のカテゴリー